バルサミコポテト

日曜の昼前、テレビて男子ご飯と云う番組をやっている。栗原心平と国分太一の料理番組で手軽に出来るレシピも多く紹介している。男子ご飯を見るのも日曜の楽しみの一つと成っている。先日の日曜日に紹介されたバルサミコポテトを作ってくれた。ジャガイモの…

鯵寿司

新しい良い鯵が手に入ったと鯵の握り寿司を作ってくれた。鯵寿司は湘南の名物で大船駅、修善寺駅の駅弁として有名である。駅弁は何れも押し寿司であるが握り寿司の方が美味しいと思う。鯵を3枚に卸し塩をしてしばらく置き臭みと水を抜き、三杯酢に漬けて、…

 ひじき王者転落

ひじきは漢字で鹿尾菜と書き、難読漢字の代表となっている。鉄分の多い食品として、ほうれん草、レバー、ひじきが挙げられ、中でもひじきが豚レバーの倍近い100グラム中60mgあり王者とされていた。春先収穫したヒジキを鉄鍋で煮た後乾燥する、ひじきの加工方…

トロたく

鮪の中落ち、すきみ、赤身などを脂とペースト状にした物をネギトロと云いトロやネギが入っている物では無い。このネギトロを使って、ネギトロ丼、ネギトロの軍艦巻き、ネギトロの海苔巻きなどがある。先日トシちゃんが角上魚類で干瓢巻きと一緒に息子が好き…

正月の名残

今年の正月は風邪の菌に胃をやられ、酒もお節もろくに口に出来なかった。海老、クワイの唐揚げ、を作ってくれたが余り食べなかった。海老の唐揚げは冷凍で残さた。クワイも半分は生のままになていた。晩ごはんにクワイを唐揚げに冷凍してあった甘エビの唐揚…

干ぴょう巻き

海苔巻きと云えば小さい時から干瓢巻きである。干瓢巻きは細巻きの芯が煮込んだ干瓢である。芯がキュウリであればカッパ巻き、鮪であれば鉄火巻き、沢庵であればおしんこ巻きと私の頭の中は海苔巻きは細巻きだが、細巻き特に干瓢巻きは関東独特のもので関西…

カレーうどん

久しぶりにカレーうどんが昼飯に出て来た。良く出汁の効いた蕎麦屋で良く出てくるカレーうどんと同じ味だ。袋入りで玉うどん2玉と粉末カレーが入っている。乾麺でも冷凍うどんでも無いがけっこうコシが有り麺が美味しかった。具に肉、椎茸、玉ねぎ、長ネギを…

暖か下着(シャツ)

現在下着(シャツ)は綿製の半袖シャツを着ている。若い頃は綿製の長袖シャツを着ていたが五十才過ぎから半袖になった様な気がする。手持ちの下着(シャツ)がくたびれ来たので買う事にした。昔ならグンゼの綿製の半袖2枚組を買う所だが最近流行りの暖かインナ…

薄焼イワシ

テレビで通販生活の薄焼イワシの通販をやっていた。骨粗鬆症防止のため六十才以上になるとカルシュウムの摂取を十分にすることが必要と言われるが中々難しい。通販生活では薄焼イワシ2枚で御婦人1日のカルシウム摂取が出来ると銘打って薄焼イワシを販売し…

娘の大根

娘が家庭菜園に目覚めて、頑張って居ると書いたが、今日はミニ大根が出来たと持って来てくれた。何でも真四角のプランターに四隅と真ん中5ヶ所に種を蒔き、葉が虫に喰われる事も無く、順調に育ち収穫時期となった。5本の内2本を持って来てくれた。立派な葉…

ハーブ(6) レモングラス

レモングラスはタイ料理、カリブ料理に良く使われると云う。タイ料理のスープ、トムヤンクンには無くてはならぬハーブだと云う。横浜の市民農園でレモングラスを一株貰い、花壇の片隅に植えたが形がすすきソックリで雑草の様だった。料理に使うあても無く、…

最悪の正月

暮れに熱を出し、喉が痛く、コロナではと市に相談して、桜通りのクリニックを紹介されて出かけ検査してインフルエンザでもコロナでも無いと診断され安心した。所が風邪の菌に胃をやられた様で下痢もアゲもしないが食欲が全く無くなり、ゲップゲプする。クレ…

大雪

きのう昼過ぎから細かい雪が降って、テレビでは東京都内4年ぶりの大雪警報が出たと報じられた。気温も日中に関わらず、1度を超えず寒い一日で時間を置いて白く雪景色となって来た。テレビの街行く人の傘も白く久しぶりの雪景色だ。ベランダ越しの街路樹の桜…

電子時計の電池交換

ふと気がつくと壁の掛け時計の秒針が止まっている。電池切れの様だ。時計は転居して来た時ネットで購入した物でセイコウの電子時計だ。一度電池切れで電池を交換しているとトシちゃんは云う。電池を交換して秒針は動き出したが時刻が2時間程遅れている。時間…

ハーブ(5) ミント

子供の頃世話になったメンソレターム、ガムを口にした時の清涼感、ペパーミント、スペアミントなどがミント類である。ミント類は地中海地区の雑草であり旺盛に根を張り繁茂する。横浜での市民農園でもミント類が繁茂し除去するのに苦労した。和製ハッカもミ…

年賀状

現役時代は150枚を超える年賀状を出していた。学友、会社関連、親戚などであった。脳内出血で倒れた、70過ぎからは会社関連を殆ど止めるなど数を減らした。親戚も叔父、叔母は亡くなり兄弟は別として従兄弟、姪甥などとの付き合いも殆ど無くなって年賀…

鶴の子

マンションのご婦人から鶴の子を頂いた。ご婦人は週三回デイサービスに通われており、私の通っているデイケアとは違うが朝夕時々お会いしトシちゃんは良く話ししている。名古屋に一人で在住して居たが娘さんが心配して呼び寄せられ、我々の住むマンションに…

黒豆

今年のお節は市販のセットを購入し何も作らないと云って居たが、としちゃんは息子に黒豆を煮ないのかと言われ、スロークイッカーを出して煮た。息子と娘、に瓶詰めにして渡した。倒れる前は私が毎年スロークイッカーを使って黒豆を煮ていた。豆は丹波黒豆飛…

ハーブ(4) スイートバジル

スイートバジルはバジリコとかバジルとも呼ばれるイタリア料理には欠かせないハーブだ。寒さに弱いので我が国では一年草として扱われている。気温を気にすれば育て易いハーブだ。桜の咲く時期にポットに種を撒き本葉4枚でプランター、或いは地植えとする。…

ハマチ

今年も九州佐賀関からハマチが送られて来た。としちゃんは歳だしハマチを卸すのが大変なのでもう送って頂かなくても結構です。と辞退していたが30日に送られて来た。どうも送り主の知り合いの魚屋が今年も送るかと催促し送り主が辞退された事を忘れて、頼…

蒸し牡蠣

牡蠣はRの月に食べる。12月はRの月、牡蠣は食べ頃!スーパーにパック入りの蒸し牡蠣用の殻付き牡蠣があったと買って来てくれた。電子レンジ600Wで4分加熱と表示してあった。トシちゃんはパックから牡蠣を出しタワシで汚れをきれいに落とし、再度パックに入…

ハーブ(3) ローズマリー

横浜に居た時、ローズマリーの小枝を一本掻いて来て水差しして、根が出たものを鉢にに植え、大きくなって地植えとし、便利に使っていた。ハーブは宿根草や一年草が多いがローズマリーは常緑低木で一年中葉を付けている。横浜でも転居するまで10年近く利用…

リンゴ世界一

寒さが厳しくなりリンゴの美味しい時期となった。先日世界一と云うリンゴを頂いた。現在のリンゴを代表するフジは300グラム、小粒の紅玉は200グラムと普通のりんごは200〜300グラムだが世界一は500グラムと大きなリンゴだ。世界一は酸味も程…

ハーブ(2) パセリ

ハーブで馴染みなのは何と云ってもパセリである。オランダ芹と呼ばれ、オランダ人により長崎にもたらされたのが始まり。サンドイッチの飾りとして馴染み深いが食べる事はなく食べ終わったサンドイッチの皿にポツンと取り残されている。今ではハーブとして洋…

ホットドッグ

我が家の朝食は殆どパン食であり、パンはホームベーカリーで焼く角食パン、角葡萄パンである。以前は時々バターロールなど角食パン以外のパンも焼いていた。各パンはホームベーカリーに材料を入れてスイッチを入れれば出来上がるがバターロールなどの角食パ…

銀杏の紅葉

東京の銀杏の紅葉と云えば神宮外苑の銀杏並木を思い浮かべるが東京各所に銀杏並木がありそれぞれに秋を彩っている。我が家のベランダからも街路樹の銀杏が望める。我が家のベランダからも見える銀杏話毎年紅葉するのが遅くテレビで銀杏の紅葉が知らされる1…

娘の手作り野菜

一軒家を建てた娘が家庭園芸に目覚め、数年前からトマト、胡瓜、茄子などの夏野菜をプランターで作り出したが今年は秋冬にもと葉物野菜の種をプランターに撒いた。芽が出て、虫にやられる事もなく育ち、間引き菜を何度か貰った。今度は収穫出来たと赤蕪、蕪…

高菜漬け

日本の三大菜漬けは長野の野沢菜漬け、広島の広島菜漬け、福岡の高菜漬けと言われている。何れも地域の特産物であるが地域だけで無く全国的に食べられている。高菜漬けは福岡の特産だが全国的に作られており、和歌山の目張り寿司を包む菜としても有名である…

ハーブ(1) フェンネル

今まで色々のハーブを作って来た。一番初めはベランダの狭い杉並の社宅で、鉢でタイムを作ろうと種を撒き芽が出た所で転勤となり、棄てて育てられなかった。次は北海道で玄関脇の花壇でフェンネルを育て、気候に適し立派に育ったが、食べ方が判らず花を咲か…

甘エビの姿焼き

ネットで甘エビの姿焼きと云う煎餅が出ていた。甘エビを押し潰した煎餅で、しかっりと海老の姿、形が煎餅となっている。カルビーのカッパえびせんとは全く違ったものだ。一枚100円で多少高価だが面白そうなので注文した。配送されて来たものを見ると知多付近…