根昆布の酢昆布

酢昆布と言えば小さな長四角の赤い箱の都昆布を思い浮かべる。都昆布は大阪の中野物産という会社オリジナルで、創業者が昆布屋の昆布の端切れから駄菓子を作る事を思い立ち、黒蜜の入った酢昆布が始まりだと云う。紙芝居屋から始まり、駄菓子屋、劇場、映画館の売店、駅の売店と販路を広め全国展開となった。赤い箱の中身は白い甘酸っぱい粉に塗された小さな酢昆布、何とも頼りない、切ない味だ。色々なスナックが溢れる昨今でも、ピロータイプとか、切り落としとか色々と工夫して生き残っている。さらに酢昆布が日本人の口に合うのか、中野物産以外にも酢昆布の製造販売をするメーカーが増えた。昆布の産地の北海道はもちろん富山、福井など昆布の名の知れた所にはある。ネットで根昆布の酢昆布と云うのが出てきた。尾道の朋昆と云う昆布屋の製品で小さな根昆布を酢漬けにした物で都昆布と同様白い粉で塗されてあり、都昆布と同じ味がする。都昆布の白い粉は企業秘密で門外不出だそうだが、良く作れたと感心する。都昆布よりだいぶ大きく食べ甲斐は有るが都昆布の様に携帯してチョット一口とはいかない。都昆布は今後とも生き抜くであろう、無くなって欲しくない懐かしい味だ。根昆布の酢昆布はお茶請けに良い駄菓子だ。
f:id:Fnishi:20220208120501j:plain

かぶ、パブリカ、キャベツのアンチョビ焼き

小蕪の輪切り、キャベツのザク切り、パブリカをアンチョビ、ニンニク、フライパンでオリーブオイルを使い、塩胡椒で焼き上げた。小蕪は口に入れるととろける。キャベツはパリパリと歯ごたえが良い。パブリカは半生で甘い。私は蕪がとろける様で美味しいと言い。トシちゃんはキャベツの歯ごたえが良く美味しいと云う。彩でパブリカの赤が眼には美味しいが何にしてもアンチョビが野菜の美味しさを引き出している。
f:id:Fnishi:20220203122022j:plain

竹輪と野菜の煮物

野菜の煮物は出汁を効かせた野菜単独の煮物、練り物、肉や魚との煮物、いろいろ有るが今日は竹輪と野菜の煮物である。筑前煮の鶏を竹輪に替えた様なもので、野菜は大根、人参、蓮根、白菜、キクラゲと冷凍庫にある物が入っている。勿論竹輪もだ。牛蒡、里芋は無く、白菜が入り、筑前煮とはだいぶ違う。竹輪の出汁が効き結構美味しかった。
f:id:Fnishi:20220203120241j:plain

フレンチトースト

久し振りに朝食にフレンチトーストが出てきた。フレンチトーストのルーツは遠くローマ帝国に遡ると云う。古く固くなったパンに水をつけ焼いて食べられる様にしたのがルーツだそうだ。水が牛乳になり、卵が入り、ヨーロッパ全土に広がりアメリカに渡り、フランス風、ドイツ風トーストと言われていたが、第一次世界大戦で米独が対峙したためフランス風トーストと言われる様になり、フレンチトーストの名と共にレシピが日本にやってきたと云う。日本のフレンチトーストは卵と牛乳に砂糖を入れた液(トースト液)をパンに染み込ませ焼いた物である。今朝のフレンチトーストは厚く切ったフランスパンにトースト液を染み込ませフライパンで焼き蜂蜜をかけたものだ。トースト液と蜂蜜がパンに充分染み込み、暖かく口の中に旨味が広がり大変美味しかった。朝食にポーチドエッグと野菜のサラダが付いていたがフレンチトーストだけで充分だった。久しぶりのフレンチトーストは美味しかった!
f:id:Fnishi:20220203112046j:plain

雪花菜(オカラ)と鶏挽きの揚げ団子

先日作った雪花菜(オカラ)の煮物の味が薄く、食べ残されて冷凍となっていた。この雪花菜(オカラ)の煮物に鶏挽き肉を混ぜて団子とし揚げて揚げ団子を作った。この揚げ団子に甘酢餡を掛けたものが夕食の膳に現れた。雪花菜が練り込まれているため揚げて団子はフワッと柔らかく美味しいが味が薄かった。甘酢餡ををしっかり付けて食べた。味の薄い雪花菜も無駄にせず工夫すれば揚げ団子として美味しく食べられる。トシちゃんなかなかやります!雪花菜と鶏挽き肉の揚げ団子でお腹が一杯になりました!
f:id:Fnishi:20220201102504j:plain

山芋のお焼き

里、畑で取れる里芋に対し山で取れる芋自然薯などを山芋という。関西の山芋は塊状で粘りが強い、関東の山芋は棒状手の平状で粘りが弱い。手の平状の山芋は銀杏芋と言い比較的粘りがある。この銀杏芋を摺り下ろして干し海老を混ぜてお焼きを作ってくれた。美味しかったがもモチモチした食感を期待していたががパサパサでは無いがモチモチと云えず多少硬めだった。芋が悪かったか作り方が悪かったかチョット残念だった。料理とは化学実験の様になかなか難しい!写真の芋が銀杏芋である。
f:id:Fnishi:20220201100750j:plainf:id:Fnishi:20220201100755p:plain

ひじきのふりかけ

芽ひじき、長ひじき、ひじきの栄養素、鉄分などのひじきの事を調べていた。通販、ネットでひじきの乾物やひじきのふりかけが現れた。中には昔ながらに鉄分が多い食品と銘打っている物もある。ふりかけは色々と料理に使えるし、ご飯のお供にもなる。ふりかけには色々の種類がある。生姜ひじき、カツオひじき、紫蘇ひじき、高菜ひじき、梅ひじきなど色々の味がある。トシちゃんは紫蘇は嫌だと云う、無難なところで梅ひじきを注文した。ご飯にふりかけるだけで無く色々と使えそうだ!
f:id:Fnishi:20220201092744j:plainf:id:Fnishi:20220201092751j:plain