スーパーストーンバリア包丁

テレビでスーパーストーンバリア包丁と言う包丁の通信販売をやっていた。アボカドが種までスッパと切れる。ヤラセかと思う程の切れ味だ。凄いな!と言うと家にもあると言う。切れが悪くなったので今は使ってい無いと言う。砥石は持っているが持っている砥石は如何も使えそうも無い。専用砥石があると言うのでネットで調べた所、専用シャープナーが手頃の値段であり、クチコミでは購入した時の様に切れ味が戻ったとあったが、嘘か誠かある程度切れ味が戻り包丁が使える様になればと注文した。送られて来たので早速使った。クチコミの様に購入した時の切れ味には戻らなかった様だが切れる様になったとまた使い始めている。砥石なのだから当たり前と言えば当たり前だ!
f:id:Fnishi:20210504195040j:plain

家庭菜園

戦後の食料難で空襲の焼け跡を耕し、カボチャ、芋や小麦まで作った。その後食料難が緩み、きゅうり、茄子、トマトなどの野菜を作る様になった。鶏を飼って卵を取った。食料に余裕が出て八百屋が店開きをする様になると花を育てる様になった。それでも庭でトマト、きゅうり、茄子、カボチャなど野菜を作っていた。社会に出て会社勤め、しばらく菜園とは縁が無く野菜作りとは離れていたが、リタイヤして横浜に帰って来てから市民農園を借りて大根、にんじん、玉ねぎ、ジャガイモ、きゅうり、茄子、トマト、などと家庭菜園を楽しんで来た。転居して国立市に来たがマンションのため家庭菜園は不可能で諦めた。としちゃんは一戸建ての娘の家に行って、プランターで茄子、トマト、きゅうりなどの飼育を手伝っていた。孫娘は農学部なのに野菜の栽培には興味が無い様だ。余り家庭菜園に興味が無さそうだった娘がコロナのためテレワークで家に居る事が多くなった事、野菜の収穫に喜びを覚えたのか急にネットで野菜の育て方を調べ茄子、トマトなどの栽培を始め、トシちゃんの出る幕が無くなった様だ。写真の様に成れば良いのだが、如何なる事か、長続きしてくれれば良いのだが!!
f:id:Fnishi:20210502164203j:plainf:id:Fnishi:20210502164531j:plain

金魚焼き

日本橋室町のある店で金魚焼きなる菓子を作っているとテレビで紹介していた。鯛焼きの小さい物かと思ったら人形焼きの金魚版だった。たい焼きにも衣が小麦粉の物とカステラ生地の物があるが、普通のたいやきは衣は小麦粉である。金魚焼きは一口サイズで形は琉金でふっくらして可愛く美味しそう。人形焼は一つ70円前後だが金魚焼きは倍近くの値段の様だ。見た目が可愛く話の種にはなり、買おうかと思うかも知れ無いが食べるには鯛焼き、人形焼の方が良い!しかし金魚焼きとは良く考えた物だ!
f:id:Fnishi:20210429133019j:plain

塩豆

ネットに昔ながらの塩豆の通販が出ていた。ネットには小さい頃よく食べた塩豆の写真が載っていた。1キロの大袋で郵送ポスティングされて来た。何と原産国イギリスとなっていた。えんどう豆は日本でも沢山取れそうなのに何でイギリス産の豆かと思ったが兎に角小分けして冷蔵庫に入れた。ポリポリとたしかに昔の味を思い出させ、後を引く。小学校の遠足で高尾山に行った時登山道を塩豆の袋を抱えて、ポリポリとかじりながら登ったことを思い出した。トシちゃんは亡くなったお母さんが塩豆が好きだったと供えていた。小学校時代は塩豆でも大変な贅沢だった様だ。
f:id:Fnishi:20210501160409j:plain

ネットで鯛を買いました。

先日ネットでカワハギを買いました。トシちゃんが腕を振るい、皮を剥ぎ、三枚に卸しうす作りとして共和えで美味しく食べました。今度は鯛を買おうかと言うことになりました。天然物は高いので養殖の鯛と言うことになり、前回のカワハギの淡路島で無く、紀州の熊野鯛という事にしました。処理は活き締め、下処理(内臓、えら除き、鱗鳥)、3枚卸しとあり、下処理で注文しました。送料込みで約3000円冷蔵で送られて来たのは予想より立派な物でしたが、私の手違いか下処理なし、活き締めで送られて来ました。トシちゃんに苦労させ、いつも間違えると怒られました。湯引き、刺身で食べました。味が良く美味しく食べましたが、としちゃんは硬く無く柔らかいと不満でした。次の日牛蒡とあら煮を作ってくれました。出刃が切れ無いのに頭を二つに割っていました。流石に慣れた物です。チョット甘味が少ないと注文を付けましたが大変美味しかったです!
f:id:Fnishi:20210429145113j:plain

ピスタチオバター

ピスタチオはイラン、アフガンの中近東原産のウルシ科の落葉高木でその果実がナッツの女王として食べられ、スイーツの材料となっている。生産はイラン、アメリカ、トルコが主生産国で色々の国で作られている。このピスタチオを使ったクリームがピスタチオバターとして成城石井から売り出されたとの情報が入った。ピスタチオバターはネットでも手に入るが送料がもったい無いと娘に購入を頼んだ。ピスタチオバターはピーナッツバターのピスタチオ版でグリーンの綺麗な色をしたピスタチオ味のバターだと思っていたが味はピスタチオだが色はメジロで無くウグイス色の地味な燻んだ緑いろだった。パンに塗って食べたがまあまあの味でピーナッツバターの方が美味しい気がする。まあめづらしいと言うことで食べた。娘が成城石井に行って買って来てくれたのだから感謝しなければ!いつも有り難う!!
f:id:Fnishi:20210429140531j:plain

サヨリの味醂干し

サヨリは細魚と書く、冬から春が旬の細長い白身の綺麗な魚だ。敦賀にいた頃開きで身が透き通った干物を買って酒の肴に美味しく食べたことがある。その味が忘れられず横浜に帰って来てからも、ネットをはじめいろいろと探したが、味醂干し、丸干しが多く、素干しもあるが思った様な物で無く、高価であり取り寄せる気にならず諦めていた。ネットで時々検索していた所、適当な多さで適当な価格の味醂干しがあったので注文した。郵送ポスティングだったので、送料なし何時来るか判らず。ネットに発送案内が来たので楽しみに待っていた。小さな細魚だがしっかりしてなかなか良い、透き通た綺麗な物で味醂干しにしては甘すぎずなかなか美味しい。安いなと思っていたらベトナム産だった。ベトナム産のエビはよく食べているし、中国、韓国産でないからまあ良いか、ベトナム産も馬鹿に出来ない。国産は高価だし送料がかかる。色々考え無いと国産は駄目になる。
f:id:Fnishi:20210501152318j:plainf:id:Fnishi:20210501152325j:plainf:id:Fnishi:20210501162114j:plain