スルメの天ぷら

テレビで東京の居酒屋には無いが関西の居酒屋には普通にある食べ物がスルメの天ぷらだと云う。スルメと言っても火で炙って裂くスルメではない。関西では裂きイカをスルメと云うらしい。したがってスルメの天ぷらとは裂きイカの天ぷらの事だ。関西の居酒屋ではこの裂きイカの天ぷらをマヨネーズと七味唐辛子に付けてパリパリと酒の肴として食べると云う。天ぷらの衣に青のり、マヨネーズなどを入れるなどいろいろの変形が有る様だが何れも実は裂きイカで有る。今まで裂きイカの天ぷらなど食べた事も聞いた事も無かった。物は試しと何でも直ぐやるトシちゃんは裂きイカを買ってきてスルメの天ぷらを作ってくれた。マヨネーズを付けて食べたパリパリして食感は悪くなかったが、噛んでいる内に裂きイカの味となった。何のことない裂きイカにマヨネーズを付けて食べている様だ。特に美味しいとは思わなかった。
f:id:Fnishi:20220122191945j:plain

ルーペ

五十歳を超えると目が衰え老眼鏡が必要となる。私の行っているデイケアーのスタッフにも老眼鏡が必要な人が何人かいる。特に主任など仕事の半分は事務仕事の人は老眼鏡を頭の上に乗せて動き回りどこかしこに置き忘れ探し回っている。トシちゃんも七十歳後半老眼鏡が必要となり幾つも買っているが帯に短し襷に長しと物が見つからない様だ。特にキッチンに立つ時眼鏡の着脱が大変、紐で首から吊る下げても上手く行かず、良い物を探していた。テレビで良い眼鏡型ルーペがあったと注文した。来たルーペはちょっとツルの長い物である。レンズが上下開閉し、裸眼にしたい時はレンズを上げる。外したい時はツルの先端に付いた磁石でツルを繋ぎ首から下げられる。眼鏡紐の必要も無く置き忘れする事もない。中々の優れ物である。もっと良い物をと探し回る事も無くなるだろう。
f:id:Fnishi:20220122153052j:plain

八つ手

八つ手は天狗の団扇とも云われ、邪気を払い、金運を招く縁起の良い植物で半日陰でも良く育ち、庭木に使われる。大きな葉で人を招く千客万来と云う事で玄関先に良く植えられている。横浜に居た時も義父が玄関先に植えていた。丈夫で病虫害に強い植物と云うが余り大きくなっていなかった。ディケアーのあおやぎ苑の中庭の半日陰にも八つ手が植えられているが余り大きくは無いが花が咲いている。白い茎の先端に丸いプチプチした塊状の地味な花だ。絵手紙に描いてみたがパッとしない。
f:id:Fnishi:20220122145124j:plainf:id:Fnishi:20220122145133j:plain

バルサミコポテト

日曜の昼前、テレビて男子ご飯と云う番組をやっている。栗原心平国分太一の料理番組で手軽に出来るレシピも多く紹介している。男子ご飯を見るのも日曜の楽しみの一つと成っている。先日の日曜日に紹介されたバルサミコポテトを作ってくれた。ジャガイモの芽を取り、厚さ1センチに輪切りとした物をオリーブオイルをひいたフライパンで竹串が通る程度の柔らかさに両面カリッと焼き上げる。これを皿に並べて塩胡椒しバルサミコソースをかけ、パセリの微塵切りをかける。ポテトの表面がカリッと中はホクホクバルサミコソースの甘酸っぱさと相まってとても美味しかった!男子ご飯は手に入り難いレシピが多いが、バルサミコポテトの様に簡単に作れるレシピも有り食卓の品数が増えトシちゃんのレシピも増える。楽しい番組だ。
f:id:Fnishi:20220118131710j:plain

鯵寿司

新しい良い鯵が手に入ったと鯵の握り寿司を作ってくれた。鯵寿司は湘南の名物で大船駅修善寺駅の駅弁として有名である。駅弁は何れも押し寿司であるが握り寿司の方が美味しいと思う。鯵を3枚に卸し塩をしてしばらく置き臭みと水を抜き、三杯酢に漬けて、締め鯵とする。この締め鯵を削ぎ切りとし握り寿司とし生姜の線切りをトッピングする。酢飯がふんわりとして押し寿司とは違った美味しさである。大船の駅弁が不味いと云う事では無い。車内で食べる駅弁の鯵の押し寿司は旅情と寿司の美味しさが有るだろうが家では矢張り握り寿司の方が美味しい!ちょっと食べ過ぎた!
f:id:Fnishi:20220118121015j:plain

 ひじき王者転落

ひじきは漢字で鹿尾菜と書き、難読漢字の代表となっている。鉄分の多い食品として、ほうれん草、レバー、ひじきが挙げられ、中でもひじきが豚レバーの倍近い100グラム中60mgあり王者とされていた。春先収穫したヒジキを鉄鍋で煮た後乾燥する、ひじきの加工方法の為である。最近鉄鍋からステンレス製鍋に変わった事で鉄分が9分の1と激減し王者転落となった。しかしまだ鉄分の多い食品には変わりが無い。昔からひじきの煮物は常備菜の一つであり、鉄分が激減したとは云え食べ続けて行きたい食品である。ひじきに芽ひじきと長ひじきがあるが芽ひじきは葉で長ひじきは茎であり、食感が違い、煮物には長ひじきが合っているようだ!
f:id:Fnishi:20220118115024j:plainf:id:Fnishi:20220118115031j:plain

トロたく

 鮪の中落ち、すきみ、赤身などを脂とペースト状にした物をネギトロと云いトロやネギが入っている物では無い。このネギトロを使って、ネギトロ丼、ネギトロの軍艦巻き、ネギトロの海苔巻きなどがある。先日トシちゃんが角上魚類で干瓢巻きと一緒に息子が好きなトロたく太巻きを買った。トロタクとはネギトロと沢庵の細切りを芯とした海苔巻きである。沢庵のパリパリした歯触りとあまジョッパイ味がトロネギと相まって面白い味になる。30年ほど前六本木で沢庵の細切りとネギトロを握りとしたものが始まりで、細巻き太巻きとなって来た様だ!今ではトロたくの握りは見かけない!
f:id:Fnishi:20220116180501j:plain