読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯛飯

鯛が安かったとトシちゃんは一匹買って来た。 家で卸すと鱗が飛び跳ね床を汚すし、転居してキッチンが狭くなり、大きな魚の頭を落すなど捌くは大変になったので、魚屋で頭をおとし、鱗を引いて貰い家で三枚に捌いた。頭はどうしますかと云うので持って帰ると云うと二枚に割ってくれたと云う。半身はカルパッチョとして食べた。半身は次の日鯛飯とした。骨でスープを取りアラを使い豆腐の味噌汁とした。頭は残って居るのでごぼうと甘辛く煮て貰うこととする。鯛飯はいつも薄味すぎると云うので塩を足した処、塩の量が多過ぎて 辛くなってしまい、折角の鯛飯が台無しとなった。前の薄味の方が良かったと悔やまれた。まあカルパッチョが美味しかったし、味噌汁も美味かった。頭とごぼうの煮物もまだある。鯛一匹良しとせねば!!鯛は多分養殖だろう。最近の鯛は殆ど養殖だ。色も日焼けをするのを防ぐ為日除けをすると云うが薄黒い、それでも養殖の為手に入り易くなって居る。次は塩気を調節して美味しい鯛飯を作って貰おう!!

f:id:Fnishi:20170510190231j:image