レンコンパウダー(2)

ここ数日テレビでの花粉状況酷いとの表示が続いている。毎年花粉症に悩まされている娘はレンコンパウダーのお陰で花粉症が軽減していると言う。レンコンパウダーの何が効いているかと言えば、ムチン、植物繊維、ポリフェノールのタンニン、ビタミンCなどが豊富な健康増進剤で、腸内環境の改善、アレルギー症状の改善、花粉症にも良いと言われているので、詳しい事を知りたいと魔法の粉レンコンパウダー健康法と言う本を 購入したが、どうして症状が改善されるかと言うことは余り書かれておらず、レンコンパウダーを使った料理のレシピが沢山載っている本でチョット残念だった。しかしレンコンパウダーを使った料理を食べて、体調が改善されればそれで良いのではと本をトシちゃんに渡した。

Gゼロ枕

睡眠は健康の元、良い睡眠を取るためには布団、マットレス、枕が大事と、低反発マットレスなど色々のマットレスや枕など色々の寝具が開発され販売されている。特に枕は大切と色々の医者が色々と理屈を述べ、色々の枕を推奨している。テレビでも枕と安眠を話題とした番組が良く企画され、熟睡出来ぬ高齢者の我々はその度にバスタオルを畳んで枕代わりにしたり、枕の下に敷いて高さを調節したり、推奨された枕を探し購入して使ったりと試行錯誤している。その為枕の数が増えているがそれでも安眠出来ず医者に行って薬をもらう事になる。薬で不眠症を防ぐのにも限度があり、また枕を探す。私はそれほどで無いがトシちゃんは眠れないと枕を変えていたが余り効果はなく、医者で薬を貰っている。薬での眠りは気持ちの良い物でないと、夜中のテレビショッピング見た枕が良さそうだと探していたがたまたま昼間のテレビショッピングでGゼロ枕であるが判り早速ネットで注文した。枕はそんなに高価なものでない。大変良い枕との話なので今度こそ熟睡できれば良いと思っている。

あわび茸

あわび茸はヒラタケ科のキノコ、エリンギの仲間で菌床栽培されている。最近中国から導入された物で日本原産のキノコでは無い。白と黒があり、黒は台湾、中国南部原産で沖縄に入り、特産品となっている。白はパイリング、白霊茸、と言われ、中国西部、イタリア原産で最近中国から伝わってきた。食感がアワビに似たしこしこコリコリとした所からアワビ茸と言われる様になった。黒アワビ茸はアワビ茸の名称で、白アワビ茸は陸のアワビの名称で販売されている。手に入れたのは長野県産の白アワビ茸陸のアワビでガーリック炒めで食べた。シコシココリコリした食感で大変美味しかった。

椎茸栽培

椎茸栽培キッドを手に入れ1回目の栽培を終わり、まずまずの量を収穫しました。収穫し終わった菌床を説明書通り乾燥させ二週間休ませたので2回目の栽培に入りました。菌床を水に浸け充分水を含ませようとしましたが浮いてしまい大変でした。何とか水を含ませ部屋の隅に置いておきました。説明書では芽が出なければそれで終わりという事です。2回目は、最初に比べ収穫量は極く少ないとの事です。四日程して少し芽が出て、二つばかり大きくなって来ました。しかし初めての時の様に沢山出来そうもありません。1回目の栽培で間引きが少な過ぎたのか、栽培キッドがこんな物なのか良く判りませんが一寸は楽しめた事は間違い有りません。2回目の栽培が終わったら菌床はプランターの土とし、そのうちまた新しい菌床で挑戦してみようと思っています。大成功とは行きませんが楽しかったです。

レンコンパウダー

毎年春先になると花粉症に悩まされる人が多く。昨年はジャバラ柑が花粉症に有効だと粉末、ジュース、キャンディーが評判になり売れていた。今年は蓮根が良いとの事でレンコンパウダーが評判で売れている様だ。ジャバラ柑はナルリチンと言う柑橘類に含まれる有機物質が多くこれが花粉症に有効と言う。娘は酷い花粉症なので昨年ジャバラ柑の粉を買ってやったが余り効果が無かった様だ。今年はレンコンパウダーと言う事でトシちゃんは蓮根を買って来て薄切りとし乾燥器で乾かしミキサーで粉とした。出来た粉を娘に渡し毎日ティースプーン2杯飲だ所、花粉症が大変改善されたと喜んでいる。良かったと言うと娘のためにトシちゃんはまた作っている。娘は仕事でレンコンパウダーを作る暇が無いと言う事だ。母親は有り難い物だ!

落花生鶏卵せんべい

落花生鶏卵せんべいを買って来た。鶏卵せんべいは小麦粉、鶏卵、砂糖が原料の洋風せんべいで、神戸のカワラ煎餅の類で、全国的に作られている。クッキーの和風版という事だ。パリパリサクサクとした食感は各地同じで、鶏卵の風味と甘味が特徴だ!トシちゃんは福岡が鶏卵煎餅、落花生鶏卵煎餅共本場だと言う。長州鶏卵を使った鶏卵せんべいが山口県の銘菓となっている。東京の松崎せんべいにも鶏卵煎餅があり、全国各地にある様だ。また食感、味は神戸などのカワラ煎餅と変わらず、名は変わっても同じ物が多い。我が国は味に貪欲な国だとつくずく思う!

キンカンライムの苗木が来ました。

横浜にいた時は庭にミカン、キンカン、レモン、チャイニーズリトルレモン花柚子と柑橘類を植え、買う事もなく収穫して楽しんでいました。特にチャイニーズリトルレモンは四季成りで、実は小さくキンカンほどですが一年中取れ、果汁が多く大変重宝しました。国立のマンションに転居してからも柑橘類の収穫が忘れられず、鉢植えで育てられる柑橘類、レモン、キンカン、姫柚子を育てています。鉢植えはバケツ何杯と言う地植えと違い収穫量が少なく、四、五個という量ですがそれでも楽しいものです。チャイニーズリトルレモンは鉢植えには向いていない様で諦めましたが、似たものにキンカンライムと言うものがあり鉢植え向きで四季成りとの事、昨年ネットで調べましたが売り切れで手に入れられず、今年の初めに注文したのがやっと到着しました。鉢に植え変えたのですが根があまり無く上手く育つか心配です。タキイ種苗に注文したので間違い無いと思うのですが苗木の状態をメーカーに連絡しておこうと思います。上手く育てばカタログの写真の様になる筈です。活着して4、5年で写真の様になるものと期待しています。先ずは枯れずに育つ事です。如何なることでしょうか!