ヒラマサ

ブリ族の御三家と云えば、ブリ、カンパチ、ヒラマサでヒラマサの旬は春で御三家の中でも最も漁獲量が少なく滅多に出会えない。いずれも良く似ており素人では区別がつかない。ヒラマサはブリに比べ平たく側面に黄金色の帯(マサ)が直線上に伸びているので見分けられ区別できる。しかし我々の手に入るのは切り身や冊になったもので区別するのは難しい。ヒラマサはブリに比べ脂が少なくさっぱりして歯応えが有り味が良いという。確かにブリと違い、唇が脂だらけにならず、歯応えが良く大変美味しかった。佐賀関で食べた取れたてのハマチの刺身を思い出した。佐賀関のハマチは豊後水道で揉まれ、脂が少なく歯応えが有り、脂でべとつかない魚だ。ヒラマサで久し振りに佐賀関を思い出した!!

f:id:Fnishi:20170819115054j:image

野次馬

昨日デイケアに出かけた時同じ階の端の家の前に沢山の人が群がっていた。手袋をしマスクをして居る。出る時コンシェルジェに何があったか聞いたが知らないとの事。裏口には2人の人が立って居るとの事。事件です、トシちゃんは息子に電話して、色々聞いて居る。廊下にはシートが敷かれ、ドアの前には立ち番が居る。朝も何だかんだと想像する。トシちゃん通路を覗いたり、ベランダに出たりしたが要領を得ない。朝食を食べて居るとチャイムが鳴り、読売新聞の者ですがチョットお話をとの事。矢張り事件だ!!奥さんを殺して埋めた殺人事件との事。昨日は警察の人は余り見掛けなかったが今日は車輌三台、警官もぞろぞろ、新聞記者など報道陣もワンサカ賑やかな事だ。トシちゃんベランダに出てカメラを持った人やお巡りさんで一杯よと言って居る。火事などと違って野次馬は居ない。警官だらけ、ゴミ捨てに行くにも警官を避けて歩かねばダメと言って居る、余程の大事件らしい、夕刊に乗るらしい。隣の奥さんがベランダからのぞいて居たとの事。野次馬はトシちゃんと隣の奥さんだけの様だ!!写真は警察車輌です。

f:id:Fnishi:20170822115027j:image

鶏のレモンソース煮

テレビで料理の紹介が無いと晩ご飯のおかずが中々思いつかず大変と、テレビので紹介される料理や、料理のレシピにトシちゃんはテレビの効用を見出している様だ。毎週同じ料理が出て来るのも考えものだし、季節感の無い物ばかりも面白く無い。春夏秋冬各時期に30ちょっとのレシピを持っていれば余り困る事はないはずだ。しかしテレビで美味しそうな料理が紹介されると何でもすぐやるトシちゃんは自分なりにアレンジして作る。レシピが一つ増えるのだが頭の中にあると余りメモしない。暫くすると忘れる。それでもレシピノートが何冊かある。今夜の夕食に鶏のレモンソース煮が出てきた。玉ねぎを炒めた中に鶏モモのブツ切り、 ズッキー二を入れ、白ワインを加えて煮る。煮上がったところにバターひとかけとレモン1個を絞り込む。出来上がり皿に盛った後パセリをトッピングした。中々素敵な料理が出来上がった。レシピをノートにと思う。

f:id:Fnishi:20170821080815j:image

久し振りで陽が射しました

今年は空梅雨みたいで六七月は大変暑い陽が続きました。七月末に梅雨明け宣言があった後、天気が悪くなり、陽が雲に隠れ、8月1日から雨の日が続いています。18日に十五分程度ですがやっと陽が射しました。天気予報では20日には晴れるとなっていましたが1日づつづれて22日まで曇り時々雨となり、40年ぶりの悪天候との事です。確か40年前米不作で普通のコメと抱き合わせでタイ米を買わされた記憶があります。今年もそんな事が無ければ良いのですが。19日は曇り後雨の予報でしたが9時過ぎから日が差し洗濯物が気持ち良さそうです。テレビの気象情報士の女子アナは予報の間違った事は悪びれもせず、小学生でも言える様に、今雨が降っていますと言う。今は天気予報では無く気象情報なので先の事などどうでも良いらしい!!それにしても太陽とは有難いものだ。朝夕太陽に手を合わせよう!!

f:id:Fnishi:20170819125140j:image

あなご重

土用の丑の日にはうなぎを食べる。今年は国立で名店と言われる店に行って、トシちゃんとうな重を食べた。評判ほどの事はなく、味付けはさほどで無く、コメが美味しく無く、期待外れだった。トシちゃんの作るあなご重の方がずっと美味しい。と言う事で今日は焼き穴子を買ってきて、酒で蒸し、甘辛く煮込んで、穴子重として呉れた。生穴子だと煮ている時に煮崩れしてうまく穴子重とはならない。焼き穴子を煮ている為多少硬いが煮崩れせず、確りした穴子重が出来上がった。鰻と違い穴子は味食感は違うが何せ値段が違う。また下手な鰻よりナンボか美味しい、また時々作って貰おう。
f:id:Fnishi:20170818184606j:image

 

 

ホワイトオニオン

サラダに新玉ねぎの薄切りを水に晒して加え食べて居るが、水に晒さなくても良い、ホワイトオニオン、と言うのがあると、買ってきた。普通の玉ねぎは黄玉ねぎと言って収穫後乾燥させて保存が効く様にする。新玉ねぎはこの黄玉ねぎを乾燥させずに出荷した物で、ホワイトオニオンとは種類が違うとの事。トシちゃんはこの玉ねぎで、酢玉ねぎを作るという。酢玉ねぎは玉ねぎを切った後水に晒さず1時間寝かして作る為、辛味の強い新玉ねぎで無くホワイトオニオンが辛味がすくなく良いと言う。倒れる前市民農園で何度も玉ねぎを作ったが残念ながらホワイトオニオンは作らなかった。何遍か酢玉ねぎは作って居るがホワイトオニオンは初めてだ。朝食に出てきたが黄色玉ねぎと違い、辛味が少なく甘味があり大変美味しかった!

f:id:Fnishi:20170815155737j:image

きんつば

娘の所から宮崎の薄皮一口饅頭を貰ってきた。皮はが薄く所々黒く餡が透けて見える。きんつばを思わせる饅頭だ。きんつばは京都から全国に広まった和菓子だと言う。私の記憶では深川不動の門前の店先で四角の餡子に緩い小麦粉をつけ、銅板の上で焼いてるもので、皮は薄く餡が透けて見えた。全国的には丸く平たい物が多く、刀の鍔の様な形できんつばと言われた様だ。饅頭だの餡はこしあん粒あんの何かだがきんつばは粒あんを寒天で固めたもので極薄い皮でも形が崩れない様になって居る。貰った一口饅頭は粒あんだが皮は結構厚く確りと餡を包んでる。きんつばとは食感が違うが中々美味しかった。久し振りにきんつばを食べてみたいが国立で手に入るだろうか!!

f:id:Fnishi:20170815152830j:image