読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白エビ丼

白エビとはおきエビ科に属する海老の一種で桜エビと同様深海に生息する桜エビより一回り大きい小型エビで、富山湾では食用として漁獲されている。透明で透き通っているが死ぬと白くなる事から白エビと言う。傷みが早く殻が剥き難いなどの事から、地元だけの流通だったが冷凍技術の進歩で、全国に拡がって、富山の宝石とうたい、ホタルイカ、ブリと合わせ富山の魚に指定されている。敦賀にいた頃工場の本社が富山の黒部市にあった事から時期になると時々白エビを食べた。殆ど刺身であったが、食べ方としては桜エビと同じ様にかき揚げ、エビ団子などいろいろある様だ。殻が剥き難く、家庭では無理な所からむき海老として売られ、加工品となっていることが多い。生協で冷凍の白エビ丼の素、白エビのかき揚げの冷凍を取り寄せ夕食に白エビ丼が出て来た。桜エビのかき揚げと違い白っぽく食感も違うが味は同じ様だ。殻付きの生で無く加工品なので富山の宝石などとは思いも付かなかった。ただ白エビという事で何と無く懐かしかった!!

f:id:Fnishi:20160707075823j:image