読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金目鯛のアラ煮

魚のアラと云えば、タイ、鰤、などの大型魚の頭、中骨、ヒレ など切り身、刺身にしたとき出る部位で、煮物にされることが多い。鯛は良くゴボウと甘辛くあら煮とされ、ブリは大根と煮てぶり大根となる。だいたいは単独で甘辛く煮たあら煮とされる事が多い。今日の魚は金目鯛だ、鯛と同じ様にゴボウと甘辛く煮たあら煮として出て来た。鯛と違って脂が多く、コッテリしている。頭、中骨の部位は無く、腹身、鎌が入っていた。結構身が多かった。血合いの部位が多く金目鯛の煮物としては今一だったが、ゴボウに味が染み込み大変と美味しかった。金目鯛の煮物の贅沢は出来なかったが、金目鯛の味は充分楽しめた。あら煮は安くてなかなか良い物だ!!

f:id:Fnishi:20170411182338j:image