読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒糖饅頭

日本三大饅頭と云えば東京の志ほせ饅頭(1349)、岡山の大手まんじゅう(1837)、福島柏屋薄皮まんじゅう(1852)だそうだが、日本いたるところに酒まんじゅうがあり、温泉地には温泉饅頭、九州には薯蕷饅頭など各地には色々色取り取りのまんじゅうが有る。あんこと粉とふくらし粉が有ればその他土地独自の材料を使い、その土地独自の饅頭が作れるわけだ。同じ様に家庭でもあんこさえ有れば簡単に饅頭が作れる。とは言え、矢張りそれなりに技量は必要だ。トシちゃんは小まんじゅうを大分前から作っており、其れなりに技量を持って居る。孫娘が来ると言うので、黒糖饅頭を作った。黒糖饅頭は、生地に黒糖を練り込んだ饅頭だ。餡は市販のものだと言う。孫娘は出来上がった饅頭を2個ペロッと食べたとの事。家に持って帰った所、娘がこれなら幾つでも食べられると言ったとの事。孫娘に饅頭の作り方を教えて置く必要がある。トシちゃん直伝!!

f:id:Fnishi:20170314132837j:image