読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯛のべっこう手毬寿司

べっこう寿司と云えば伊豆大島の郷土料理で、伊豆の海で取れた白身魚を唐辛子醤油に漬け、これを種に握った寿司で白身魚の種がべっこう色になった寿司の為べっこう寿司と言うのだそうだ。しかし三重県ではマグロ、ぶり、メダイなどを唐辛子醤油に漬けたもので握った寿司をべっこう寿司と言って居るそうだ。矢張り白身の魚を唐辛子醤油に漬けべっこう色になったもので握った寿司がべっこう寿司と言うのに値すると思う!我家でも時々べっこう寿司を作ってくれるが、魚は何時も鯛だ。鯛の唐辛子醤油漬けは綺麗なべっこう色になる。何時もは普通の握りだが今日は真ん丸の手毬寿司となって出て来た。材料の形状の為か、普通の握りでは量が足りなかったのか。しかし見た目は綺麗で可愛い寿司だ。味も良く、大変美味しかった。

f:id:Fnishi:20170315184556j:image