読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯛のあら煮

魚のあらとは鯛、ぶり、鮭などを三枚に卸した時出る、中骨、頭、カマ、尾などの総称で本来捨てられる所だが色々と加工し惣菜として食べる。鯛の頭は兜煮と言って高級料理だし、カマも焼いたり煮たりして高級料理となる。一緒くたん似たものがあら煮だ。鰤のあらは大根と煮てぶり大根となる。国立のスーパーでは余り見ないと言うが、横浜では鯛のアラ、ぶりやカンパチ、のアラをよく見かけ、あら煮を良く作って呉れた。鯛のアラが有ったと鯛のあら煮を作って呉れた。鯛のアラとごぼうを甘辛く煮たものだ。見た所どうもアラと言うより切り身の様だ。どの様に捌いたか頭に近い部位の様だカマだとすればやはりあらなのだろう。魚の味がゴボウに染み込み実に美味しかった。

f:id:Fnishi:20170219115451j:image