読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キビナゴ

キビナゴはニシン科のインド洋太平洋西海域の熱帯亜熱帯に棲息する、身は透き通り硬めの小魚で鹿児島、長崎、高知で漁獲されるが小魚で傷みが早く、関東地区には加工品としてしか流通していない様だ。刺身、煮付け、フライ、干物などとして食べられている。何処で食べたか忘れたが刺身としてなかなか美味しい魚だった記憶がある。多分大分に居た時の事だろう。加工品と言っても小魚で、煮干し、干物、酢漬け、などだ。としちゃんの買って来たのはキビナゴのオイル漬けだ。キビナゴのオイルサージン版という事だ。さてどんな味がするのだろうか。

f:id:Fnishi:20170216142830j:image