読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独活の梅和え

独活(ウド)といえば、東京独活に代表される真っ白で長い、軟白独活(ウド)を思い浮かべるが、山菜の緑色の山うどが原種と言う。軟白ウドも栃木群馬が圧等的で、立川の東京独活も栃木、群馬で育てて貰った苗を ムロの中で育て 軟白して出荷して居る。私が食べるのはどちらかと言うと山菜に近い山うどだ。ウドはたらの芽科の草木で葉先は天ぷらでたらの芽と同じ様に美味しく食べられる。今回は葉先と茎を軽く湯がき、梅干で和えた。まさに春先の山菜の山うどだ。苦味がチョットあるが香りが良く。ふきの薹と同じく春の訪れを思わせる。「国立の独活の梅和え里の味」俳句に成っていない、残念!

f:id:Fnishi:20170128161744j:image