読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュージーランド産のリンゴ

北海道、青森、山形、長野の今年のリンゴはまだまだで、スーパーのリンゴは去年のリンゴで味の悪いものばかりだ。その中で小粒で、色はあまり良くないが シャキシャキして酸味が強く、大昔の国光、紅玉を思わせるリンゴがある。ニュージーランド産の輸入リンゴだ。オーストラリア、ニュージーランドはこれから冬で、5月からがリンゴの収穫期だ。ヨーロッパなどの西洋では小粒のリンゴが喜ばれる様で、ニュージーランドでも品種改良されたフジの半分ほどの小粒のリンゴが生産され、輸出されている。日本では夏場はリンゴの端境期で、この小粒のニュージーランドの取れたてのリンゴが輸入されている。酸味が強いのでさつま芋と煮た。酸味がありなかなか美味しかった。小粒なのがチョット気に入らぬが焼きリンゴなどでも美味しいのでは!!

f:id:Fnishi:20160611182442j:imagedf:id:Fnishi:20160612133404j:image