油麺とスープ

先日の昼食は油麺と卵スープだった。テレビで紹介された、日清チキンラーメンで美味しい麺の食べ方として紹介された。なんでもすぐやるトシちゃんは早速チキンラーメンを買って来て作って呉れた。まず麺を茹でてざるに上げ、水を切って胡麻油を塗し、白髪ね…

寒い朝は温かい野菜スープ

立冬は過ぎ、北海道は積雪、東北から雪の便りと朝晩寒くなった。とは言え国立のマンション暮らし、外気は10度以下と寒くイチョウの葉も黄色くなり始めたが室内は暖かくエアコンでの暖房はもとより床暖房も入れていない。横浜では今の時期二階の寝室から寒い…

柿を貰いました。

デイケアには色々の人が来ています。横浜では、脳神経外科病院の流れでリハビリを目的とした脳溢血で倒れた元社長、大学教授、研究所の所長など高学歴の人が多かったが、国立では高齢による運動機能て低下を解消しようとする、農家、商店、団地の住人が多く…

水栽培

マンションに移転してきた為家庭菜園はプランターでやるしか無く、花の栽培など望むべくも無い。せめて球根の水栽培と云う事になる。球根の水栽培と言えばガラスビンでのヒヤシンスを思い浮かべる人が多いと思う。しかし私はどうもピンク、紫のボテッとした…

紅あかり

紅あかりと云う皮の赤いジャガイモを買って来た。紅あかりは北海道の農業試験所でセンチュウ抵抗性澱粉原料用ジャガイモの育成中生まれた澱粉質が多くマッシュ、コロッケ向けの食用ジャガイモだ。買って来たものは茨城産となっているので、北海道だけで無く…

ラッキョウの豚肉巻きフライ

我が家は毎年、梅干しとラッキョウ漬けを作っていた。娘は梅干しを作らぬがラッキョウは毎年漬けている。転居して今年は梅もラッキョウも漬けず昨年の物を食べていたが、ラッキョウは早々に無くなった。娘は沢山ラッキョウを漬けているので、先日もらって来…

生きくらげ

きくらげと言えば中華料理を思い出す。黒く無味無臭でコリコリした歯触りが八宝菜などの味を高めている。わが国で消費されているきくらげは乾燥きくらげで、殆ど中国からの輸入品である。生きくらげと言えば鹿児島の沖之永良部島が有名だが椎茸、ナメコ、と…

どう言う訳か野菜が高い

台風が続けて二つ列島を通過した為なのか、最近野菜が高い。去年も台風で北海道まで被害を受け、ジャガイモ人参などの根菜まで値段が上がった。今年は根菜で無く葉物が値上がりしている。しばらくすれば冬野菜が出始めるのでしばらくの我慢だ。もやしキノコ…

乳酸菌チョコレート

乳酸菌は腸内で活動して、免疫細胞を活性化し、免疫力を高め健康増進に寄与すると言われる。そのためサプリメントや栄養食品を摂取し腸内乳酸菌の増殖を図っている。乳酸菌には、植物に由来するもの、動物に由来するもの、人に由来する物の三種類有るという…

マコモダケ

曲りだけを買って来たと、鶏肉、人参、と煮込んでくれた。曲りだけは春の山菜で、北海道、東日本の山地に生える根曲がり竹の筍で、熊の好物で毎年筍とりで熊の事故を起こしている。根曲がり竹の筍は親指程の太さの細長い筍だが見たところどうも違う。煮たも…

国立市民祭り

国立に移転して来て丁度一年になる。昨年は気が付かなったが11月の初めに毎年国立の市民祭りがある。今年は11月5日に開催された。同時に一橋の学園祭、商工会の商業祭(天下市)が開催され、学園通りは歩行者天国となり、大変な人通りとなっている。国立…

胡蝶蘭

ランにも色々あり シンピジューム、デンドロビウム、オンシジューム、と作って来たが転居してどうもオンシジュウムは駄目になりそうだ。シンピジュームは横浜の時すでに駄目にし、デンドロビウムだけとなりそうだった。トシちゃんが花の終わった寄植えの胡蝶…

秋刀魚のムニエル

先日も書いたが近年秋刀魚の漁獲量が減り、高くなっている。今年は値段が高い上に魚体が小さい。例年であると今の時期には値が下がり魚体も大きくなり、刺身、なめろうはもとより塩焼き、蒲焼きと秋刀魚を堪能出来るのだが、昨年の今の時期には国立に転居し…

金沢加賀の棒茶

日本茶には抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶、棒茶、粉茶、玄米茶など色々の種類がある。今は全く見かけなくなったがお茶屋の前にはほうじ茶の焙煎機があり独特の音をさせ、ほうじ茶の良い匂いを漂わせていた。焙煎機がなくなったと言うより最近はお茶屋を見かけ…

ピーナッツ入り味自慢

ピーナッツ入り味自慢はピーナッツ入りの焼き菓子で、瓦煎餅の柔らか焼の類似品だ。先の東日本大震災で、東松島の工場を流されたが一年足らずして登米市で再起し頑張っている。サクサクして瓦煎餅独特の卵と砂糖の美味しさとピーナッツでとっても美味しい。…

紫モロッコインゲン

紫色のモロッコインゲンが有り、珍しかったので買って来たとのこと、アントシアニンで健康維持と最近紫色の野菜が持て囃されている。紫タマネギ、紫キャベツ、紫カリフラワー、ナスは元々紫色、紫芋(サツマイモ)、アスパラガス、トマトそしてとうとうインゲ…

しきぶ姫米

商店街のくじ引きで米をもらって来た。しきぶ姫米と云うのだ。最近米の消費量が減って来ており、米の味の競争となり、各地でブランド米が出て来ている。コシヒカリ、ササニシキというのが美味しいとされ、新潟のコシヒカリと宮城のササニシキがブランド化さ…

鯛の漬け丼

一昨日は私の誕生日だった。80歳だ良くも長く生きたものだ。という事でお酒を飲んだ。黒豆の枝豆、豆腐、鯛の漬けなどが肴であった。肴が多く鯛の漬けが余り翌日に回した。今日娘が誕生日プレゼントを持ってやって来た。我々の昼めしは付けウドンであった…

玉寒天

ノノア国たちでチョットハイカラで、ちょとした土産、プレゼントに良さそうな玉寒天と云う菓子があり、使えるか買って見たと云う。淡い色の三角の包装に入った丸いB玉程の寒天菓子だ。味はブドウ、生姜、柚子、いちご、梅、ももなどで長細い和柄の袋に入って…

ポテトの肉巻きコロッケ

コロッケは西洋料理のクロケットを模した日本料理でマッシュポテトのポテトコロッケとベシャメルソースのクリームコロッケに大別され、トンカツ、カレーライスと並ぶ大正三大洋食とされている。いわゆるパクリ料理だ。マッシュポテトから色々と変化を遂げカ…

ハトムギ

ハトムギ玄米プーアル爽健美茶とテレビのコマーシャルで刷り込まれている。ハトムギはお茶だけだと思っていたがそうで無い様だ。小さい時草むらにハトムギが生えており実を干してお手玉の身にした覚えがある。お茶になるとか食べられるとは全く知らなかった…

鶏肉の串揚げ

我が家の御菜は酒の肴の様なものが多い。私が良くお酒を飲む為と云う事も有るがトシちゃんもまず御菜はを食べてから、ご飯を食べると云う癖がある。私は今酒の量が極少なくなったがまず御菜を食べる傾向がある。と云うことで御菜は酒の肴の様なものが多くな…

今年は雨が多いと言うか晴れの日が少ない。晩春から初夏にかけて暑い日が続いたが、夏は雨が多く秋に入り、天高く馬肥ゆ秋とは程遠く、秋雨前線が停滞したままで 晩秋に入り込んでしまいそうだ。それに超大型台風が今日夕方から列島を縦断しそうになっており…

牡蠣ご飯

秋になると色々の炊き込みご飯が食卓を賑わす。先日デイケアの昼食に菜飯が出て来て炊き込みご飯の話となった。そう言えば先日昼飯に松茸ご飯が出た。クシャミをすると吹き飛びそうな薄っぺらい松茸が乗っていた。カナダ産か中国産か判らぬが松茸は高く成り…

栗ジャム

先日栗を買って来て栗ご飯を作って呉れた。茨城の栗だ。茨城の栗生産量は熊本、愛媛を抜き日本一であり、品種も丹沢、大峰、利平、筑波、石鎚と多岐にわたり、笠間地区を中心に生産されている。大粒の良い栗で美味しかった。栗ご飯の残りの栗で栗ジャムを作…

変わった目玉焼き

目玉焼きは焼き方で呼び方が変わる。片面焼きはサニーサイド、両面焼きはターンオーバーと云う。焼き具合によりオーバーイージー、オーバーミデイアム、オーバーハードに分かれる。私は白身はしっかり硬く、黄身は半熟というのが好きで、フライパンで目玉焼…

食用ほおずきえ

ほおずきはナス科の多年草でわが国では鬼灯として古くから鑑賞用に作られていたが西洋では古くからベリーの一つとして食べられていた。南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアと世界全般に分布している。わが国での食用としての栽培は浅く、平成に入ってからの事…

大根の味噌田楽

田楽とは豆腐、こんにゃく、ナス、里芋などを串刺しとし、味噌を塗って焼いた料理を言う。豆腐の田楽が田の神祭りの白袴を履いて踊る田楽法師に似ている事から田楽と云う様になった。今では田楽味噌を塗った料理を田楽と言っている。秋も半ばとなり、冬野菜…

日向カボチャの味噌漬け

カボチャは日本に持ち込まれたルートにより色々の呼び名がある。南蛮船により大分に持ち込まれたものは南蛮とかカボチャと言われ、中国から長崎に入って来たものは唐茄子と呼ばれる。今ではたくさんの種類のかぼちゃがスーパーの棚を賑わせているが、大きく…

鯵の竜田揚げ

今年は秋刀魚が中々安くならない。先日秋刀魚の事でブツブツ文句を言ったが、国立は良い魚が手に入らない。たまたま見つけた新しい小アジを手に入れ唐揚げにして美味しく食べた。鯵の旬は5〜7月と言われているが一年中日本各地で取れ、干物と言えば鯵という…