サーモンのアラ

我が家は魚のアラを良く食べる。魚のアラに匂いがすると云うが古い物、処理が上手くいって居ないと匂いがする。魚を見る目、下処理の腕前が無ければ、匂いがする。トシちゃんは立川に行くとデパートなどの魚屋を覗き、良い魚のアラを買って来て、あら煮など…

久し振りに霧の街

ただ一面に立ち込めた牧場の朝の霧の海、小学唱歌霧の朝の出だしだ。子供時代朝霧に覆われた街が朝日とともに薄らいで青空が拡がるのを清々しい気持ちで見たものだ。その霧がスモッグと名前を変え経済成長期に暴れまわり、今でも中国で問題となっいる。苫小…

免許の自主返納

最近高齢者の交通事故が多く、痴呆によると問題視され、高齢者の免許証の自主返納が速されている。亡くなった義兄も80才で自主返納したし、デイケアの利用者でも自主した例をよく聞く。運転免許証は身分証明書の役をするので運転しなくとも利用価値がある…

茹で干し大根

今年は昨年末の台風と異常寒冷気候で野菜が大変高い、大根も例にもれず例年の2,3倍の一本3,4百円する。例年だと今の時期大根が安くなり自家製の切り干しを作ろうという事になるがマンションは自動車道路に面しており干すのは難しい。テレビで各地の大根…

とん平焼き

とん平焼きが久し振りに食卓に上がった。とん平焼きは鉄板焼きの一種で、関西のお好み焼き屋、居酒屋で多く供されており、終戦後シベリアに抑留されていた兵隊が現地から持ち帰ったレシピと言われている。色々の種類があるが代表的な物は豚肉を平たく焼いた…

宝の麩

横浜にいた頃はご近所付き合いがあったが、マンションはご近所付き合いはほとんどない。それでも一年経って左隣の家と近くの我々と同年代のご婦人と交流ができ始めた。右隣は若夫婦で可愛いい娘さんがいる。出は金沢という事で正月金沢に帰省されていた。お…

山親爺

山親爺とは北海道で羆(ヒグマ)の事を云うが全国的には北海道札幌の製菓店千秋庵のミルク煎餅で知られている。昭和5年発売と言い、いまでも北海道土産として頑張っているから、大したロングセラーの菓子だ。千秋庵と云えば北海道を代表する製菓会社で北海道…

ハスの詰め物

ハスの料理は色々ある。今回は蓮根餅、ハス団子、煮しめ、縦切り揚げを作って貰った。酢蓮、キンピラ、ハスチップは未だだ。先日テレビで徳島のハス農家の料理を紹介していた。蓮根の穴に豆腐に削り節を練り込んだものを詰め、輪切りにしてフライパンで焼き…

だだちゃ豆おかき

だだちゃ豆は山形おブランド化された枝豆である。全国にはこの他新潟の茶豆、青森の毛豆、京都の紫頭巾、丹波黒大豆、神奈川のはねっこなどがある。ブランド化が全国に浸透すると高級品として売買され、ブランド名の浸透から、加工品が開発販売される。山形…

すぐき漬け

暮れから正月に掛けてテレビで良く色々の漬け物の話題が出て来る。飛騨の赤カブ、山形の赤カブ、野沢菜、広島菜、京都の柴ずけ、すぐき漬けと!それぞれ食べたことがあり美味しいが中々手に入ら無い。最近マルシェが各地に出来ているが其々の地域を代表して…

クロッカスの水栽培に失敗

クロッカスの水栽培用のケースと球根を手に入れ、水栽培を始めた。まず根が伸びて陽に当て目が伸びる筈だが根が伸びたのは1球だけ、他は根が伸びず芽が伸び始めてしまった。中には根が伸びず芽も出ず腐って萎れてしまった物もある。水栽培用のケースに水を張…

ぶり大根

暮れに大分佐賀関からぶりが送られて来て、ぶり大根を作ったことは書いた。天然ぶりで神経抜きで硬く歯触りが良く美味しかったが北陸の鰤や養殖の鰤の様に脂が多くなくぶり大根は今一だった。我が家は良く、鯛、ぶりなどのアラを煮る。アラは魚の頭、腹身、…

蓮根団子

暮れにトシちゃんの妹の陽子さんから送って貰った蓮根で直ぐに蓮根餅を作って食べたことは書いたが今年は喪中なので酢蓮などの御節は作らず、酒のお供のハスチップも無しと正月にはあまり活躍しなかった。それでも人参ゴボウ大根と煮込みハスの美味しさを味…

海老姫

海老煎餅と云えばカルビーのカッパえびせんがえび煎餅の代表だと思われて居るがカルビーのかっぱえびせんは海老煎餅と言うより海老味の安物スナックであり、海老煎餅とは程遠い。海老煎餅はカルビーの様にカサカサでなく、歯応えのある煎餅らしい物が良い。…

根菜三種の素揚げ

根菜三種とは百合根、蓮根、慈姑、である。根菜と云えば大根、人参、牛蒡、里芋、サツマイモ、ジャガイモ、などの方がポピュラーだが、正月の根菜と云えば矢張り百合根、蓮根、慈姑を思い浮かべる。この三つは煮物として御節を飾るが我が家では素揚げで塩を…

蓮根餅

昨年の暮れもトシちゃんの妹の陽子さんが蓮根を送ってくれた。顔を出した娘と息子に渡し、純子さんにもお裾分けした。今年は喪中で御節はつくらないが、正月を前にして御節の煮しめの材料として重宝する。暮れに早速蓮根餅として食卓に上った。醤油をつけて…

タコの柔らか煮

正月にはマグロ、ブリ、タコなどの刺身を食べ、御節に鰤の照り焼き、タコの柔らか煮を作る。タコの刺身の一部を使って、昔から柔らか煮に挑戦していたが中々柔らかく成らず四苦八苦していたが、サイダーを入れて煮る方法を知り柔らかく煮る事ができた。刺身…

サクサク醤油

今年は喪中でおせちを作ら無い事としたが黒豆を煮て、伊達巻を作って貰った。元旦に娘夫婦が孫を連れて来ると云うのでローストビーフを焼いた。何時もはワサビ醤油で食べる所だが今年は頂き物のサクサク醤油を掛けて食べた。醤油は東の濃口醤油、西の薄口醤…

お年玉

お年玉は高校生までと昨年書いた。孫娘は昨年無事大学に入学し高校を卒業した。塾の講師をして月に数万円稼いでいるらしい。従ってお年玉無し!孫息子は今年大学受験で元旦から塾通い。いつやって来るのやら!お年玉は渡す事となるのだがいつになるやら!去…

黒豆

黒豆はおせち料理の定番であり、毎年丹波飛切りを買って煮ている。御節の黒豆も関東と関西では違い関東では雁くい豆を煮て皺があり歯応えのあるものだったそうだ。シワは長生きを表し目出度いとされていた。関西は丹波の黒豆を使いふっくらと艶があり柔らく…

餅太郎

柚餅子を作るのにトシちゃんの妹の純子さんの友達から柚餅子を作るためと庭の柚子を貰ってもらった。柚餅子を作ると言った手前、まだ暫く干さねばなら無いがいくつか差上げなくてはと国立駅で待ち合わせて柚餅子を渡しに行った。その帰り道でJTBのチラシを貰…

ニシンのマリネ

先日買ったニシンは酢で締めマリネとして食卓に現れた。紫タマネギ、人参、きゅうり、セロリの千切りの上にニシンのマリネを乗せ、タイムをトッピングした。多分一匹分だと思うので、あと一匹は塩焼きか、ムニエルで現れると期待していたが、二匹ともマリネ…

マッシュルームの肉巻き

私も好きだがトシちゃんはテレビの料理番組が大好きだ。NHKの今日の料理はもちろん、昼前のキューピー3分クッキングはもとより、旅番組、などで紹介される料理を楽しみ、自分のレシピに取り入れている。今日紹介する料理もキューピー3分クッキングで紹介され…

綺麗なニシンがあった。

小樽にニシン御殿と言うのがあり、観光資源となっている。昭和初期までは北海道ではニシンがあふれるほど取れ、肥料にまでなったと云う。しかし戦後間も無く気候変動乱獲により漁獲量は激減し私が苫小牧に行った40年前頃は全くと言って良いほど取れなくな…

柚子のピール

佐賀関からカボスと金柑、柚子が送られて来た。庭で生った柑橘類でレモンを入れ忘れたとの事だ。横浜では金柑、みかん、レモンを植えていた。ましてや暖かい九州みかんの産地だ。みかん、カボス、金柑、柚子、レモン、八朔、甘夏と色々の柑橘類を植えている…

フェルト人形

転居の時ボタンを初め手芸の材料を捨てて来たが不思議と作ったフエルト人形とフェルトは取ってあった。動かなかった右手は今でも自由に上げ下げ出来ないが文庫本を抑える事、親指と人差し指で何とか物が掴めるようになったのでフェルトでまた人形を作って見…

和風スナック

和風スナックと言えば煎餅、おこしなど、茶受けとして全国に沢山ある。東北地方や信州では漬物がお茶受けだが、一般的には煎餅など駄菓子がお茶受けとなっている。何十年も続いているロングセラーのスナックもあるが毎年出ては消えるのがスナック菓子だ。草…

鰤で二品

佐賀関から送って貰った鰤をトシちゃん去年と同じくフーフー言って、三枚におろした。去年は頭を割って食べたが今年は出来ずカマだけを取って電気圧力鍋でぶり大根とした。黒部で鰤大根を食べ、骨まで食べられて大変美味しかった事を思い出し、圧力鍋で作っ…

電気圧力鍋

転居して来て、トシちゃんとは別々の部屋で寝ている。マンションの間取りは3LDKなので2部屋は寝室に1部屋はLDと引き戸でつながっているので扉を開けて大きなリビングの様に使っている。寝室にはそれぞれテレビを置き寝ながら見ている。トシちゃんは眠れぬ…

佐賀関の鰤

今年も佐賀関から航空便で鰤が送られて来た。鰤と言えば80センチを超えるものを言うので送られて来たものは60センチ程度だから鰤とは言わないかも知れない。鰤は出世魚で最期の80センチ以上の物は全国どこでも鰤だが鰤になるまでの出世魚時代は全国で…