花麒麟

デイケアの事務所にトゲトゲの棒状の植物で上の方に葉が少しある植物の鉢が飾られたおり赤い可憐な花をつけて居た。珍しく花麒麟かと思って居たらペンフレンドから花麒麟の絵葉書が送られてきた。忍耐というトゲトゲの呪縛から発想を変え解き放たれよう!と…

鯵のポキ

ポキとはハワイ語のpoke(ポケ)を英語式に発音した言葉で、ポケは切り身を表す言葉だと言う。現在では魚介類に玉ねぎ、塩、醤油、香辛料、植物油を混ぜ合わせた料理を指す。代表的な物はマグロだがカツオ、タコ、ムール貝などが有る。植物油は胡麻油が代表的…

ヤマボウシ

デイケアの送迎で街路樹や庭木の花を見るのも庭仕事が出来なくなってからの楽しみの一つだ。横浜ではそろそろ春のバラが終わり紫陽花の時期となる。横浜ではウツギ、紫陽花の仲間がいろいろと見られたが、国立では玉紫陽花が多少見られる程度だ。最近の送迎…

トマトラーメン

家庭で作るラーメンには色々の種類がある。三分間待つのだぞ!と言うインスタントラーメン、カップ麺から麺を茹でてスープの素を入れる麺。油揚げ麺、フリーズドライ麺、乾麺、生麺と多岐に亘る。この前娘がトマトラーメンという美味しい中華麺があると教え…

いずれアヤメか杜若

アヤメ仲間の花はいろいろあるが西洋種のダッチアイリス、ジャーマンアイリス、黄菖蒲、檜扇アヤメ、シャガは判るがイチハツ、アヤメ、花菖蒲園、杜若はいずれアヤメか杜若という様に区別が付き難い。横浜のデイケアにはテラスと花壇があり色々の花を植えて…

干し山椒

横浜には山椒の木が有り毎年沢山の実が生り、冷凍にしたり佃煮にしたりと重宝した。秋口には取り残した山椒の実が種となり茶色い皮と黒い種となる。この茶色の皮を良く干して粉とし粉山椒として使った。干した山椒の実を粉にしたものの方が香りが良い様で、…

冷やし中華始めました。

今年も春が短かった。と言うのはまだ五月だと言うのに月初めから夏日が日を追って現れる気温の乱高下を続けいる。夏日が多いからと言う為では無いが、昼食に冷やし中華が現れた。梅雨も始まらないのに冷やし中華始めましたと言う事だ。国立駅のガーデンで福…

あげ銀杏

銀杏は茶碗蒸しの具や爪楊枝に刺して素揚げした酒のつまみとしてお馴染みだ。潰して餅の様にして食べたりもし大変美味しいナッツだ。ただし毒が有り、食べすぎると嘔吐、痙攣を起こす銀杏中毒にかかる。子供は7粒、大人は40粒から銀杏中毒にかかる恐れが…

グラパラリーフの芽が出た。

青リンゴの食感と味とサボテンの仲間の多肉植物の葉が10枚程入ったカップを買ってきたのはふた月ほど前の事。何時もの様に体に良い健康食品だ。二、三枚食べたがあまり美味しいものでなく、酸味があるがさわやかな青リンゴには程遠い。葉刺しで増やせるの…

赤茄子の料理が夕食に!

先般赤茄子の紹介をしましたがトシちゃんは駅のマルシェで赤茄子を買って来ました。米ナスもあった様ですが珍しいので赤茄子にしたようです。米ナスだと田楽程度しか出来ませんが赤茄子だといろいろと出来る様です。一品目は塩こぶとの塩もみでした。赤茄子…

肥後の赤ナス

赤ナスといえばトマトの別名だが肥後の赤ナスはひごむらさきと云う大正時代から熊本で栽培されている伝統野菜で、長さ太さ が普通の長茄子の倍近く大きい長茄子だ。大きい割には軽く灰汁が少なく種子も少ない。くまモン印でブランド化されようとしている。収…

チアシード蒟蒻ゼリー

予報では昨日晴天だったが雨で寒かった。雨の中駅前の病院に行き、帰り駅のマルシェに寄った。出口の店にチアシード蒟蒻ゼリーが置いてあった。昼食後チアシード蒟蒻ゼリーが出て来た。以前便秘予防にと買ってあったものだ。チアシードは中南米原産の種子植…

さんまジャーキー

日曜の昼前テレビで男子ごはんと言う番組がある。その番組で三週に渡り全国のおつまみ特集をを企画し最も良いと言うものに北海道釧路のさんまジャーキーに決まった。ジャーキーと言えばハワイ土産のビーフジャーキー干し肉を思い浮かべるが乾麺の一回り太い…

葡萄パンにリンゴをプラス

ホームベーカリーでほぼ隔日パンを焼いているので市販のパンはバケット以外買ったことはない。普通は角食を焼いているが、時々干しブドウを入れて葡萄パンを作っている。先日フードドライヤーを手に入れて果物、野菜の乾燥を試している所だ。リンゴの乾燥に…

フードドライヤーを使って見ました。

如何するかと散々悩みましたがそれ程高価なもので無し、とうとうフードドライヤーを購入しました。これで排ガスや粉塵の心配なく乾燥野菜や果物が作れます。フードで乾燥させたものを一時間程度天日に当てれば完全な物となります。配達されてきたフードドラ…

ナスのチーズ焼き

夏野菜といえば昔からトマト、キュウリ、ナスが代表として、カボチャ、ピーマン、オクラ最近はパブリカ、ズッキーニが入り、まあ色々とある。先日トシちゃんは娘の所に行き用意されたプランターに夏野菜の苗を植えて来た。トマト、キュウリ、ナス、の夏野菜…

りんごピンクレディ

リンゴの旬は10月から暮れにかけてである。一時りんごはフジばかりであったが最近は色々の種類が出てきている。姿を消して無くなったと思って居た紅玉もまた姿を見せ、ジャムとなって食卓に現れている。りんごはジャムのほか我が家では朝食のヨーグルトに…

おやき

おやきは長野県の郷土料理で、もともとコメの採れれない山間地で小麦粉、雑穀粉 の皮で、切り干しなど野菜の餡を包んだものを焼き固め、囲炉裏の熱い灰で蒸し焼きにした代用食だったものがあずきあんなどが出て、一般住民の軽食、観光客の土産となり長野県を…

茄子

マンションのベランダが広いのでベランダ園芸が出来ると楽しみにして居たが日当たりが思ったほど良くなく、去年は夏野菜は全くダメだった。レタス、春菊なども日光不足でヒョロヒョロとしてダメだった。今年はデイルの苗を買い、大葉のタネを蒔いた。大葉は…

燻製

私がリタイアして横浜に帰ってきた時期で孫娘が保育園時代、世話をして居た小学校からガロン缶を貰ってきてガロン缶とダメになった小型のフライパンで燻製器を作り、燻製を作っていた。公園のローズフェスティバルで協賛したフリーマーケットで手作りのササ…

レモン

去年は横浜から持ってきた鉢植えのレモンが5,6個生った。今年は花芽が見られず生らないと諦めて居たら、鉢と床に花弁が落ちて居た。気が付かなかったが枝の一本に花芽があった様だ。まあ1,2個は生るかも知れない。今年は増土をし、肥料と苦土石灰を施肥…

花粉症と回虫

花粉症はアトピー性皮膚炎と同じ様にアレルギー症の一種だと云う。花粉症は終戦後盛んに植樹された杉が開花時期を迎えた事と大気汚染のためと言われているが、70才以上の我々の年代では余り花粉症で苦しんでいる話を聞いた事はない。腹に寄生虫を持ってい…

ニシンのマリネ

ニシンと言えば干物の硬い身欠きニシンを思い浮かべる。生のニシンは悪くなるのが早く、身が柔らかい事から、産地から遠くでは余り出回らない。また大正、昭和初期に北海道で大量に取れ、小樽にはニシン御殿という網元の家が残っている。しかし昭和30年代か…

サーモンのチーズ焼き

刺身用のサーモンでチーズ焼きを作ってくれた。最近の生鮭は北海道産よりノルウエー産が多い。もちろん養殖だ。刺身用の冊で売られているが刺身でなく、色々の料理に使える。と云う事でチーズ焼きを作ってくれた。パン粉に粉チーズを混ぜ、サーモンのブロッ…

新キャベツのスパゲッティ

高くて手の出なかった野菜も春も半ばとなり、価格が安定して来た。キャベツも春キャベツが出回り乳酸キャベツが作れる様になった。しかし春キャベツでは乳酸キャベツは上手く作れないと言っている。要するに言いたい事は色々のキャベツ料理が手軽に作れる様…

花はいつも通り咲いて居ます。

桜が散るとサイフリボクが白い花をつけ、道路沿いにはさつきやツツジが咲き始める。さつきはツツジの一種で五月に咲く事からさつきと言うのだそうだ。花はツツジより少し小さいと云うが、私には区別が付かない。それと牡丹が豪華な花を拡げる。立てば芍薬、…

料理は目でも食べる。

何べんも書いたが料理は目でも食べる。美味しそうな料理を見ると梅干しを見た時の様に口一杯に唾液が溜まる。洋食では添え物、ソースで料理を引き立て、中華料理では飾り包丁で料理を飾り、和食の刺身ではツマケン、飾りツマで演出する。朝食のサラダは目で…

みりん粕

澪つくし料理帳と云う小説をだいぶ前に読んだ。その中にみりん粕を使い卵の黄身で粕味噌漬けを作り、更にその粕床で色々の粕漬けを作る話が出て来た。先日来板粕を使って粕味噌漬けを作ってくれているが、みりん粕を使ってはとネットで検索した。あまり数は…

シトラスチップス

シトラスチップスと云うミカン等のドライフルーツの袋入を買って来た。シトラスとは柑橘類を指し、狭義的にはミカン類を指すと云う。ドライフルーツの内容は河内晩柑、いよかん、せとか、はるか、レモン、ブラッドオレンジ、温州ミカンの七種類だと云う。ブ…

うこぎ

ウコギという山菜を買って来た。おしたし、かき揚げ、唐揚げにして食べると云う。ウコギはたらの芽、コシアブラ、ウドなど同じウコギ科ウコギ属の植物で、山菜として春先若芽を食べる。山形米沢では上杉鷹山の奨励もあり屋敷の垣根として植栽され、春先若芽…